prevent

予防処置について

「予防」は当院で一番重視している考えです。そもそものお話として、お口が悪くならなければ治療する必要はありません。確かに歯科医療は進歩し、むし歯を削った後に様々な素材を用いることで歯の機能が回復できる可能性が高まりました。しかし、それでも天然の歯に勝るものはありません。また、歯周病に関しても一度悪化すると元の良い状態に戻すのは非常に困難です。綺麗で良く噛める歯をキープし続けるためには、定期的な予防検診が何よりも欠かせません。
当院では患者さんのライフステージに応じた予防メニューをご提案し、一生ご自身の歯で噛めるようサポートいたします。

予防処置の紹介

  • 歯みがき指導

    お口のトラブルは磨き残しから生じるケースがほとんどです。つまり、一人ひとりの患者さんの癖を分析し、歯ブラシのあて方、動かし方などをお伝えすることで、効果的なブラッシングが可能となります。実際にご利用している歯ブラシを持参していただいても問題ありません。
    患者さんの中には、お口にあってない歯ブラシを利用しているケースもあるので、デンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。
  • PMTC

    歯科医師や歯科衛生士が専用機器を用いて歯のクリーニングを行う予防メニューです。どんなにブラッシングを頑張っている方でも、磨き残しは起こります。特に歯と歯の間、歯と歯茎の溝などは磨きにくく歯垢の溜まりやすい箇所です。
    PMTCならば、細かな歯垢の汚れも除去。また歯を研磨することで、歯垢の付着しにくいキレイな歯を目指せます。
  • フッ素塗布

    フッ素を歯に塗布すると様々なメリットがあります。具体的には、歯の再石灰化促進、歯質の強化、むし歯の繁殖を抑えるの3つです。市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、歯科医院では高濃度フッ素を用いていきます。ぜひ3ヶ月に1度の割合で受診しましょう。

メインテナンスの重要性

近年、歯科医院は痛くなってから治療するのではなく、痛くなる前に予防を行う場所に変わりつつあります。むし歯や歯周病は、どちらも初期段階では痛みやしみるなどの自覚症状がありません。 つまり、患者さんが違和感を覚えて来院したときには症状が進んでしまっているケースも数多くあります。
そこで、日ごろからメインテナンスを受けて、お口の健康をキープすることが大切です。定期的に歯科医院に来院して、お口をチェックすればわずかな違和感を発見できるので、早期治療が期待できます。